中古の家をリフォームして住んでます。日常とご飯とDIY

田舎で築45年の中古住宅を買ってリフォームしました。住んでる日々の出来事、日常のこと。

定期定例会 第1回

週に1度の自宅見学。
棟梁と担当さんとあーでもないこーでもないとお話し合いをする時間。
基本的には20分ほどで終わるのですが何だかバタバタして40分かかりました。

話は壁と床を剥いで気づいたことと、そのために出た不都合を埋め合わす為の変更点。

耐震壁にする場所の基礎が高基礎のため、合板の壁ではなくベストな方法(棟梁の案に沿う)に変更するとのこと。
北側の和室、押し入れの根田がボロボロだったのでそこだけは根田の交換するとのこと。
梁が強いところの天井が上がらないということ。
リビングに入るドアの垂れ壁を削り、背が高めの扉をつけるようにすること。

の、4点でした。


もちろん何もかもお任せです。
そこは、プロのおっしゃるとおりに~



f:id:m-no3:20160711161039j:image
玄関


f:id:m-no3:20160711161105j:image
広縁


f:id:m-no3:20160711161135j:image
庭からリビング(担当さんと棟梁)


本当は色々見たかったのですが、スニーカーじゃないとダメみたいで来週に持ち越しです。

つづく