中古の家をリフォームして住んでます。日常とご飯とDIY

田舎で築45年の中古住宅を買ってリフォームしました。住んでる日々の出来事、日常のこと。

住宅ローン契約&物件購入完了


3月30日大安
朝から警察署に行って免許証の住所変更。しないとローンが契約できないそうです。

約束は10時からですが早めに銀行に行き、全ての口座の住所変更等を終わらせてから
不動産屋さん、売り主さん、司法書士さん、銀行 と書類書いたり判子押したり渡したりの応酬が行われます。

色々あったものの、やっとここまできたか~と少しだけスッキリしていると司法書士さんに小声で「すいませんこれこないだわすれてたやつです」と囁く銀行の担当。どうやらまた忘れ物をしてた模様です。この人はこの先もずっとこんな感じで生きていくのでしょう。多分直らないですね(笑)

売り主さんがご高齢の為代理で不動産屋さんが来てたので、多額の現金を持って手渡しという風な事は行われず、紙の上(通帳)だけでのやり取り。持ちたかったな1000万円超。


そのあと司法書士さんと不動産屋さんには手渡ししましたが、それぞれ
司法書士・32万円
不動産屋・29万円
という額だったので今一大金が動いた実感は得られず仕舞いでした。
火災保険の20万円も振り込み。
そしてリフォーム会社へ中途支払金を振り込みし使いきり完了です。

何となくやりとりの最中写真撮ってみました。そんな人初めてですとみんなに言われましたが、一生に一回あるかないかなのでいいアイデアですね、と見学に来ていた新規の不動産屋さんにフォローしてもらいました(笑)


f:id:m-no3:20160401105905j:image
こんなのも撮ってみた
もうこんなお金が旦那の口座に入ることはないんだろう記念(笑)

お金の遣り繰りや担当の人となりなどに少しだけ苦労した住宅ローンでしたが、これからはリフォームの方だけに集中できます。
あ、駐車場があったか。

とにかく第一段階クリアです。

つづく