中古の家をリフォームして住んでます。日常とご飯とDIY

田舎で築45年の中古住宅を買ってリフォームしました。住んでる日々の出来事、日常のこと。

大手に持ってた警戒心




今度は大手リフォーム会社の見積もりです。
こちらもわざわざ家に来てくれる事になりました。
来ていただいたのは数十年ぶりの寒波が到来した雪の日で、掃除もそこそこにベランダに出て娘と二人で呑気にオラフを作成して満足。

時間になり、早速見積もりを見せてもらうとびっくりです。
分厚いバインダーに沢山の情報と写真と事細かな見積もりが。


f:id:m-no3:20160220225958j:image
沢山の写真は家の状態を事細かに観察してやるべきことを絞ってくれてて


f:id:m-no3:20160220230115j:image
耐震は必要最低限にもかかわらず確実に倒壊を免れるよう計算してくれていて


f:id:m-no3:20160220230225j:image

間取りはほとんど変えない事は伝えていたけど、予算に近い金額でなるべく綺麗にするよう見取り図まで作成してくれてました。
これで950万円ほどです。
耐震助成金は含みませんので実質850万円ぐらいですね…少し高くなってしまいました、すいません。と謝られました。
いやいや、充分ですよ。


大手だし多少間抜かれて結構な金額ふっかけられるだろうと完全に警戒してたのですが、この見積もりと分かりやすさと、何よりなるべく外まで綺麗にして金額も抑えましょうという一言で旦那もろとも一気に気持ちが傾きました。
いや、もうほとんどこっちに決定する決心をしていました。


見積もりは最低3社はとった方がいいと聞いたので、また別の知り合いにも頼んでいたのですが(その知り合いは2級建築士で、ちょうど同じ時期に新築を建てる友達の友達)話を聞いてみると
「金額も良心的だし、この会社は大手だけど他のところにありがちなトラブルなんかも聞いたことがない。いいと思うよ」
という一言が後押しし決定することに。

他にも色々条件が重なり、知り合いの建築会社はお断りすることになりました。

知り合いの方もせめて間取り図を書いてきて貰ってれば大手に即決することは無かったと思います。
あまりにも差がありすぎて、小さな会社では出来ませんと言われればそれまでですが、もう少し…と残念な気持ちにもなりました。

断るのも体力必要ですしね(汗)


とにもかくにも大きな第一歩です。

金額的にも何とかなりそうだと言うことで不動産屋さんに購入する旨を告げます。

こっから忙しくなるのかな…


つづく


f:id:m-no3:20160220231636j:image
床下は築年数にしては綺麗なもんでした